2008年01月

2008年01月31日

ラマシヤドクガエルのオタマジャクシ

ラマシヤドクガエルのオタマジャクシ
ラマシーヤドクガエル(Dendrrobates lamasi)のオタマジャクシです。しっぽが透明で、吸収される直前の様子。
昨日、画像を載せられなかった現象は自然に解決しました。アクセス過多で更新には向かない時間帯だったのでしょうか。以前ならこういうトラブルが発生すると、解決できるまでしつこくいろいろ試してみました。しかし最近はすぐにあきらめて作業を中止します。年のせいでしょうか・・・。

wildskydesu at 08:08|Permalinkclip!ヤドクガエル 

2008年01月30日

frogファミリーランチカップ入荷しました

frogファミリーランチカップ入荷しました。売り切れていたルームシューズ、マルチラックも入荷しました。

wildskydesu at 19:07|Permalinkclip!カエルグッズ 

画像が表示されなくなってしまいました

ただいま、画像を投稿して更新しようと試みていますが、画像が表示されなくなってしまいました。どうやって解決するのか方法がわからないので、今日の更新は無いかもしれません。見に来てくれたみなさん、ごめんなさい。

wildskydesu at 16:13|Permalinkclip!お知らせ 

2008年01月29日

カエルのエサのシミのふるい

シミのふるい
1月27日の画像に写っているシミのサイズをそろえるふるいです。マダラヤドクガエルならけっこう大きなシミも捕食しますが、小型種にはやはり小さなシミを準備します。


シミのふるいこのようにいろいろな目のふるいを用意できればベストですが、茶こしを利用するなど日用品でいろいろ工夫している方が多いです。


wildskydesu at 18:15|Permalinkclip!カエルのエサ | カエル飼育

2008年01月27日

マダラヤドクガエル "カリビアングリーン"

マダラヤドクガエル
マダラヤドクガエル "カリビアングリーン" (Dendrobates auratus 'Caribian Green')です。堂々とした体型はテリビリスフキヤガエルに負けない風格を備えていると思います。
前肢の近くに写っているのは、エサのマダラシミの一種です。同じサイズのコオロギをハンティングすると、口に入れるとき苦労しています。しかし、シミはコオロギと比較して薄っぺらで柔らかいので簡単に口に入っていきます。薄っぺらいということは、コオロギより多くの数をあげる必要がありそうですね。


wildskydesu at 12:39|Permalinkclip!ヤドクガエル 

2008年01月26日

オーフスの植物園

表題間違えました、コペンハーゲンは間違いで正しくはオーフスです。

コペンハーゲンの1
デンマークのオーフス大学付属植物園で、葉っぱの形ときれいな花に惹かれて撮りました。名前を覚えていないのが残念です。





コペンハーゲンの2わたしの手とメモ帳が写っていて、本当はこのメモ帳に撮影した植物の名前が書いてあるのですが、帰ってからすぐに整理しないので、画像とメモの順序がめちゃくちゃになり、ついにわけがわからなくなります。毎回こればっかりで、せっかく撮ってきた記録が全部ボツに。

年金ニュースを見て思い出した画像です。


2008年01月25日

ベントリヤドクガエル (Dendrobates ventrimaculatus)

ベントリヤドクガエルベントリヤドクガエル オレンジ(Dendrobates ventrimaculatus)です。ただいま販売中のベントリヤドクガエル アマゾニクスのストライプはオレンジが強い個体群と、弱くてゴールドに見える個体群があります。いまの在庫は半分ずつどちらも居まして、照明が暗いとどれも同じに見えました。商売だから売らないといけないのですが、ビバリウムが暗いからあまり売れませんでした。何とかしないといけないなと考えていた昨年秋にエキゾテラコンパクトトップが発売になりました。ビバリウムにコンパクトトップを載せると、とても明るくなり今までよく見えなかったベントリヤドクガエルが、とてもきれいに見えるようになりました。

wildskydesu at 08:04|Permalinkclip!ヤドクガエル | ビバリウム

2008年01月24日

とても小さなカエル

小さいカエル
日本のヒキガエルの変態直後も小さいけど、このペルーの子ガエルも小さかったです。こんなに小さくても、自分でマッチ棒の上に飛び乗ってくれました。三脚を使用していないので、ピントが合いませんでした。これを撮ったのはドイツです。またその人のところへ行くことがあったら、その後どうなっているかお知らせします。

wildskydesu at 09:26|Permalinkclip!

2008年01月23日

フランクフルトの空

フランクフルトの空
先週、フランクフルト空港のダイヤが乱れ、上空で待たされました。この時期は飛行機の窓から、南方に雪で真っ白に輝くアルプスが見えることがあるのですが、この日はかすんでよく見えませんでした。
たくさんの飛行機雲が交差しているあたり、あの下が空港なのでしょうか。きれいだったのでたくさん写真を撮りましたが、自分が乗っている飛行機が速いので、どんどん形が変化し、整った線の集まりを撮るのは難しかったです。





wildskydesu at 12:26|Permalinkclip!

2008年01月20日

ピクルスの新商品ステーショナリーが入荷しました。

ピクルスステーショナリーが入荷
人気ものピクルスの新商品ステーショナリーが入荷しました。全14アイテムです。ミニマスコットのついたボールペン、シャープペンは、店頭でも売れています。お早めにどうぞ。カエルグッズ通販リストに追加しました。

こちらをクリックしてください。
ご注文お待ちしております。


wildskydesu at 00:20|Permalinkclip!カエルグッズ 

2008年01月19日

カエルグッズ通販リスト更新しました

カエルの電卓
今日もまたカエルグッズ通販リストを更新しました。

こちらをクリックしてください。
ご注文お待ちしております。


wildskydesu at 13:33|Permalinkclip!カエルグッズ 

2008年01月18日

カエルグッズの通販リスト更新しました

カエルの置物
新入荷を加えてカエルグッズの通販リストを更新しました。
ご注文お待ちしております!

ここをクリックして見てください。


wildskydesu at 04:17|Permalinkclip!カエルグッズ | お知らせ

ブロメリアとティランジア通販リスト更新しました

フリーセア・ギガンテア
ホットアライバルなブロメリアとティランジアの通販リスト更新しました。
ご注文お待ちしております!
ここをクリックしてください。

2008年01月17日

ブロメリアの用土

ブロメリアのメディア
ブロメリアのファームを訪ねたら、こんなの見つけました。ブロメリア用に配合した用土で、オランダの会社の商品のようです。


そこで仕入れてきたブロメリアの画像加工が終わり次第、ホットアライバル更新します。



2008年01月16日

アルソビア・ディアンシフローラ (Alsobia dianthiflora)

アルゾビア・ディアンシフローラ (Alsobia dianthiflora)
うぶ毛に包まれた肉厚の小さな葉っぱで白い花。原産地はコスタリカ、メキシコだそうです。手元にある苗をこれからビバリウムへ植えてみます。

wildskydesu at 10:09|Permalinkclip!エキゾティックな植物 

2008年01月15日

イミテーターヤドクガエル + アイゾメヤドクガエル

アイゾメヤドクガエル + イミテーターヤドクガエル
ちょっとおもしろい画像です。アイゾメヤドクガエル‘シトロネラ'の上にイミテーターヤドクガエルが乗っかっています。
こういうのはあわてて撮るからピントが合わないことが多いです。この画像はまあ見てもらえる方だと思います。


wildskydesu at 23:57|Permalinkclip!ヤドクガエル 

2008年01月13日

クリプタンサス‘デューレル' (Cryptanthus 'Durrell)

クリプタンサス‘デューレル' #1クリプタンサス‘デューレル'です。クリプタンサスの花は、はじめ真っ白で時間とともに透明度を増し、終わりころには向こうが透けて見えそうな感じになります。元気いっぱいな純白無垢から、艶やかな半透明乳白色に。


クリプタンサス‘デューレル' #2クリプタンサスは光が弱いビバリウムでもよく開花し、真っ白な花の周りだけほんのり明るく感じたりします。

花が咲いたビバリウムからは躍動感を感じ、ワクワクしてきます。



2008年01月12日

フリーセア・ヘリコニオイデス (Vriesea heliconioides)

フリーセア・ヘリコニオイデス#1パナマの黒と白のイチゴヤドクガエルを見た場所から歩いて1分のところにあった、フリーセア・ヘリコニオイデス(Vriesea heliconioides)の樹上群落です。
この旅ではピントが合っていないとか、露出が間違っている写真を大量生産しました。デジカメであったことが、せめてもの救いです。


フリーセア・ヘリコニオイデス#2こちらは、同じ木の下まで行き見上げて撮ったところです。赤いのは全部フリーセア・ヘリコニオイデスです。一種のみがこんなにたくさん密集しているのは、この旅ではここだけでとても興奮しました。
周囲には、こぼれた種が発芽した実生苗があちこちの枝に無数にありました。


雨が降っているのが画像からもわかると思います。このとき、気温30度、湿度90%くらいで、汗か雨か区別つかないずぶ濡れ状態だったけど、自分がビバリウムの中にいるように錯覚して不快感はゼロでした。



2008年01月11日

バンゾリーニヤドクガエル (Dendrobates vanzolinii)

バンゾリーニヤドクガエル
バンゾリーニヤドクガエル(Dendrobates vanzolinii)は成体でも2センチくらいしかない、小さなカエルです。PC画面上では、実物よりだいぶ大きく映っていると思います。こういう小さなカエルでも鳴き声のボリュームは意外と大きく、よく聞こえてきます。その鳴き声は、日本に住むヤドクガエルを知らない人なら、たぶん夏の夜の虫の鳴き声と勘違いすると思います。
勘違いなのですが、子供のころに聞いた虫の鳴き声を思い出し、懐かしい気持ちになります。

wildskydesu at 10:15|Permalinkclip!ヤドクガエル 

2008年01月10日

ビバリウムの照明

ビバリウム今日の拡大画像はいつもより重い(97k)です。いろいろな種類のエキゾティックな植物が密生したビバリウムの天井付近です。ネオレゲリア、ティランジア、コルムネアやディスキディア(かな)とか、小さな着生ランやリコボディウムも。こんなにきれいなビバリウムを、さまざまなことを想像しながらぼんやり眺めていると、あっという間に時間が過ぎていきます。


ところで、画像の中央付近にガラスの温度計が見えますでしょうか。オーナーのヤドクガエルに対する気遣いが感じられます。それから、この蛍光灯の数、すごいですね。

2008年01月09日

マダラヤドクガエル ‘ビルカーン'

マダラヤドクガエルマダラヤドクガエル‘ビルカーン'(Dendrobates auratus 'Birkhan')です。ブロンズ&ブルーやブロンズ&グリーンと呼ばれることもあります。この個体は成体でブロンズ&ブルーの特徴がはっきり出ていますが、オタマジャクシからカエルになって数ヶ月の亜成体はこんな感じで、特徴がはっきりしません。
画像の左奥にうっすら見える個体もブロンズ&ブルーですが、背中側がグリーンに見えます。このように光の角度(見る角度)が変わると、色も変化することがあり不思議な魅力です。


wildskydesu at 03:36|Permalinkclip!ヤドクガエル 

2008年01月08日

アイゾメヤドクガエル‘レジーナ'

アイゾメヤドクガエル レジーナのどだけ藍色なので、ねらって撮りました。ヤドクガエルの模様は個体ごとに異なり、一つとして同じ模様をこれまで見たことがありません。個体識別は模様から可能なはずなのに、私は店に居るカエルが全部同じに見えちゃいます。よく来てくれるお客さんの中には、注目しているカエルが居なくなっている(売れる)と気がつき、「売れたの」と聞かれることがあります。そういう時は、その方の記憶力に感心します。


それはともかく、この個体ののどはコバルトヤドクガエルの模様と似ています。


wildskydesu at 03:59|Permalinkclip!ヤドクガエル 

2008年01月07日

ベルツノガエルの係長

係長ベルツノガエルです。この個体はワイルドスカイの係長として開店以来長年にわたり店番をしてきたのですが、一昨年13歳で死んじゃいました。どこか景色のいいところに埋葬しようかなと思っていたら、ツボカビのニュースがあって埋められず、いまだに冷凍庫に居ます。


この画像は土の中から出てきて、水浴び&脱皮準備中の様子です。ごらんの通り泥んこですが、脱皮すると泥が落ちて売っているカエルのようにきれいになります。
いろんな飼い方があるけど、私は土を入れて飼うのが好きです。土に潜ることができるし、土の上で死ねるから。



wildskydesu at 04:52|Permalinkclip!カエル飼育 

2008年01月06日

ラシナエの花が咲きました

ラシナエの花1エクメア・ラシナエ(Aechmea racinae)の花が咲きました。通常なら赤いガクがオレンジです。店内だから光量不足だったかもしれません。でも、このオレンジもなかなかきれいと思います。



ラシナエの花2こちらは全体像です。ロセットから伸びた花茎は下垂し、先端に花序がつきます。花は先端に向かって順番に開花し、数日間楽しむことができますので、ご来店いただければ見られると思います。

この花は、記載したフォスター博士の奥さんの名前をおくられています。きっと彼の中では、とても大事な花だったのですね。


2008年01月05日

ティランジア・フンキアナ

エキゾティックプランツギャラリーの「ティランジア」と「その他のブロメリア」のインデックスリストを更新しました。。ホットアライバルにのせたブロメリアとティランジアばかりですから、新しいものはありませんけど。


Tillandsia funckian<br>
aこれはTillandsia funckianaの花です。マクロレンズを使用していないので(というかウデ?)ピントが合いませんでした。花弁はもとより、葉っぱの乾いたオレンジ色が美しかったです