2009年02月07日

コペンハーゲンの王宮の衛兵

CPH衛兵1月曜日(2/2)にコペンハーゲンの街を歩いていたら、衛兵の隊列が器楽演奏しながら行進してきました。デンマークは人口600万人の国です。こんなに小さな国でも軍隊を持っていて、私がふれ合ったデンマークの人たちはそれを誇りにしているようでした。





CPH衛兵2女王陛下の王宮に交替に向かう隊列でしょうか。
コペンハーゲンには古くからの町並みが残っていて、なぜ戦争中に破壊されなかったのか不思議に思っていました。その理由を5年くらい前にデンマークの友人に尋ねたところ、すぐに降参したから街が破壊されなかったのだそうです。




CPH衛兵3鼓笛隊に続いて鉄砲を携えた衛兵が続きます。気温摂氏1℃の寒さの中背筋はピシッと伸びています。近くで見ると帽子の毛は暖かそうでした。





CPH衛兵4身長はバラバラだけど足並みはぴったりそろっていました。










CPH衛兵5信号が赤とか青であるとか無関係に、女王陛下の衛兵隊の行進は進んでいきました。一瞬、ついていこうかなと思ったけど寒いのでやめました。そしたら、40分くらいしてまた近くで出会いました。今度は交代後の衛兵が屯所へ帰還する隊列だったのでしょうか・・・。もし、この想像が正しければ、ガイドブックに書いてある「王宮の衛兵交替は12時」というのは、正確な時間ではなく、「だいたい12時ころ」と改めるべきかも。なぜならば、私が出会ったときにお昼の鐘が鳴り響いていたし、私は王宮へは行っていないから。まあ、余計なお世話ですけど・・。

wildskydesu at 04:55│clip!仕入れの旅 | 日記